結婚について ~実はたびいちも結婚を考えていた~

じつはたびいちも、昔は結婚についていろいろ考えたことがありますが、
いろいろと世界を見てきた中で、宗教や文化によって価値観はさまざま。

いろんな生き方や考え方を知る事ができました

そこで、結婚後の家族の理想とは何か?

と思ったことを書いていきます。

結婚したくないのか、できないのか

~揺れるキャリア女子~

http://news.yahoo.co.jp/feature/186

この動画にでてくるキャリアウーマンの中で、
あまりにあいたたた~なのは、一部上場企業で役職にもついている
「自分がまじめに仕事をしているほうなので変なプライドがある」
とのたまう30半ばの女性。

そして「ダメだこりゃ」といかりや長介並みに呆れたのは、

「相手の男性は、仕事で向上心や野心がない人は嫌」

つまり、自分もガツガツ働いて、夫もガツガツ働くってことだね・・・・

じゃあ誰が子育てする時間があるの?
そんなにあくせくがつがつ、お金稼いでどーするの?

野心を求める男こそ、家に帰ると、妻や子供の安らぎを求めるわけでしょう?

もしこれが逆に

「私はこれからもバリバリ稼ぐから、あなたは代わりに主夫となって、家事や子育てをして」

というのなら、どれだけすばらしいことか。

そうすれば家族としてのバランスが一気に取れるからだ。

しかもフリーターやニートにもチャンスがやってくる(笑)

http://tabi1.com/car-smartphone-kimono-madeinjapan

そもそも「野心がない人は嫌」という不寛容な考えになると、夫だけでなく子供にも野心や完璧を求めてしまい、必要以上に無駄にきびしく育てることになり、

そうなると仮に家庭を持てた場合、家庭もぎすぎすしてくるんじゃないだろうか、と考えてしまう。

ほかに登場する女性で、
「業務内容によっては残業できなくなると(会社の中で?)したい事ができなくなる」
と言ってる人がいたが、

その女性の表情を見ると、表情がさえないうえに、何よりすごい血色が悪そうだった。
「残業こそが偉い!」という前時代の「会社教」によって、生気を吸いとられてるのではないか。

「会社教」に囚われる、まじめすぎる日本人
きのうの雪で、電車の運行が間引きして、沢山の人が駅の外に並ぶ事態になりました。 それを見た某元社長は、「ドエムか?」と言っていたし、 ...

そんな生気を吸い取られたような相手を選ぶか。
それともニコニコとハツラツとした血色のいい相手を選ぶか。

さあ!

どっちを結婚相手に選ぶでしょうか?



人間だってアニマル

なので、大事なのは肩書きやら仕事なんかの理屈じゃありません。

人間なんて、動物のひとつ、哺乳動物のひとつなのです。

これから出産、育児で家族を支えていくとなれば、

選択基準は、健康そうな「本能」になってしまうのです。

そして番組の最後に教授が出てきて
「仕事と家庭の両立は女性だけでなく男性も含めて考えるべき」

という、「そんなの耳にタコができるぐらいわかってます!」という締めくくりになる

それだったら、たびいちは心から強く主張する。

「ヨーロッパのような仕事と家庭の両立を求めるのなら、
ヨーロッパのように、ノー残業、そして好きな時に休ませろ!」

夜遅くに仕事から帰り、家に帰ったら疲れてすぐ寝てしまう。
育児はおろか、子作りすらままならないとも言う。

昭和の頃はサラリーマンは終身雇用だったので、夫が夜遅く帰っても、妻が専業主婦やパートでよかったが、もうそんな余裕のある時代は、昔の話。

ヨーロッパなら、基本はノー残業で、好きな時に休めるが、その分、共稼ぎもできるし、夫婦で育児も平等に分担できる。

好きな時に休めるというのは、夫婦にとっても、非常に融通が利くのだ。

写真は2000年インドの田舎の結婚式。質素ながら大勢の人が祝っていた。

SAVE0018

夫(妻)が妻(夫)に求めるのは、結局のところ母性(父性)なわけなので
21世紀になっても社畜的な労働環境が変わらないのにかかわらず、一億総活躍とか、都合のいいときだけ男女平等!という屁理屈を押し付けるよりも、

夫だから得意なこと、妻だから得意なことという役割を活かしたうえで、夫婦で仕事と家庭のバランスを考えるという「動物としての本能」に従ったほうが、よっぽど家族全体のためになるのではないかと思った。

おまけ

※そういえば往年の名作RPGなどは、

「結婚」をテーマにしたゲームもあるが

DQVがリリースされた23年前のあのころはバブル崩壊直後で

まだ日本の経済が好かった分、いまとちがって多種多様なライフスタイルではなく

「男と女はいずれは結婚するものだ」

という風潮だった。

当時高校生だった自分も、さすがに30過ぎたら結婚しようと思ってました。

しかし、現実は、おひとりさま\(^o^)/

978 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*