チェンマイ20年の変貌 替え玉できるラーメン屋発見

かつては永住しようとすら思っていた理想の街・チェンマイ。そして、初チェンマイ訪問から20年が経った今、たびいちは何を思ったのか。

3月26日

9時起床 室温30度
泊まっているInter INNは、どうも部屋が日が差さず閉鎖的で、夜中に断続的にヤモリが泣いて耳障りだった

部屋自体はきれいなんだけど、どこか落ち着かないし、ほかの宿にも泊まってみたいので、移ることにする.

チェックアウトした後は荷物を預けてもらい、効率よく安宿を探すため、ターペー門から南にあるレストランで、自転車を借りる。50B。パスポートか1000Bをデポジットとして預ける。

昼食時に偶然見つけたのが、日本のラーメン屋。その名も「うまくて号泣ラーメン」いかにも日本人が経営してそうな、ひとひねりある店名。

https://chiangmai-ramen.com/


たしかに、店員は現地人だが、日本人が運営していてこのラーメンは完全に日本の味なので、ジャングルの奥地から生還してこのラーメンを食べたら、たしかに号泣するはず。しかも替え玉(10B)まである。

オーダー方法まで、紙に書いて注文するという、最近式である。しょう油ラーメン59B

1玉分じゃ足りないので、当然どんどん替え玉する。結果5玉も追加してしまった。といっても1玉の麺の量が少なめなので、6玉分食べたのだが、日本でいう4玉分といったところか。

因みにこの写真は九州大分での替え玉。麺の量がちがう!

替え玉して食いまくってるのは私ぐらいで、見てたら来客のタイ人は替え玉を注文しない模様。

6玉も食べたのに「もち」というのがあったので、それを注文すると、カオニャオの餅をついたもので、中が固かった。
調子に乗って腹いっぱい替え玉したので、胃がもたれてしまった。

自転車こいでチェンマイ街中のゲストハウスなどの宿を探し回った結果、思った以上に高騰している。安くても300、350、一般的なとこだと400バーツはする。

そこで見つけた自分に一致した一番最安のホテルは、チェンマイのカオサン通りのような通り・ロイクロ通りの真ん中にあるTravelers INNで、250B。部屋は315号室。安ホテルといった風情。

ホテルの店構えに反して思ったよりも安いし、ホットシャワーのバスルーム付き。しかしホテルの近くがおかまバーなので(笑)夜はうるさい。部屋に着くと、時間だけが過ぎてしまう

朝 から揚げ2個 20 キャベツ
昼 しょう油ラーメン59 替え玉10×5 もち10 mikku300ml 12
夜 バターココナツサブレ5 焼飯30 白丸揚げ団子串10

宿 Travelers INN #315 250 (depo250)
レンタサイクル 50 (depo 1000)

3月27日 今はなきカレーフードセンター

10時起床 溶接工事がうるさいが、バストイレ付きのホテルはここが最安だし、またいちいち別の宿に移るとなると面倒。よって連泊。

チェンマイは暑さがきついので、スローモーになる

かつてロイクロ通りの東に、「カレー・フードセンター」というクーポンチケット型のフードコートがあり、当時タイカレーが30B(90円)と安かった。しかもそこでは21時になると無料でタイの伝統芸能が披露されていたので、至れり尽くせり感があった。

しかし、今年行くと、フードコートはなくなっており、土産や衣類などのナイトバザールになっており、しかもいくつかあるレストランのブースは、20年前の2倍以上でべらぼうに高い。

あふれるのは中国語と、高いぼったくりの料金。

安そうなところを探したところ、餃子屋台があったので、2個だけ食べたがそれでも20B。
それにしても、かつての良心的なサービスと価格はどこへ行った?

古き良き時代を知っている者として、ナイトバザールのあまりの退化・劣化に心の底からがっくりした。

押し寄せる民族

長期滞在した2005年と2010年はチェンマイはとても良かったが、2013年に訪れたときは異変が起きた。

2013年になると某大国からの観光客が一挙に洪水のように押し寄せた。そのため物価も宿代などもより高騰して、迎える側も観光ずれしたからであろう。そして2018年には盤石となってしまった。

かつては移住先にすら考えていたチェンマイだが、急速に俗化して簡体字だらけのチェンマイに、もはやここに自分の居所はないなと確信。もうここには昔に思い描いていた面影はなくなった。タイ北部の良さを味わうには、観光客のいない田舎に行くしかない。

とにかく残念に思いながら、空腹なのに何も食べずに帰るのは非常に心外なので、道路を挟んだスーパー、ビッグCに入ると、割引価格の弁当を発見。ひき肉炒めとと玉子焼き付きの焼飯 29.25B(39より割引)

こっちのほうがずっと安い。しかし20年前は伝統芸能を見ながら優雅に安く食事ができたのに、20年後は割引弁当とは、非常にむなしい!!

朝 チョコウェハース5 モルトウェハース5
昼 ボンゴレあさり 40 チョコケーキ29 トマトスナック6 落花生小いわしのおつまみ10
ツナサンドイッチ13
夜 ソフトクリーム10 餃子2個 20 ひき肉炒めとと玉子焼き付きの焼飯 29.25 白飯 6
宿 Travelers INN #315  250 (depo250)

3月28日

9時ごろ起床。午後は5年前にお世話になったマッサージ学校へあいさつしにいく。先生も半分ぐらい変わったけど、とても快く迎えてくれた。気がつけば18時過ぎまでいた

夕食は、四角い濠の南側の、東側にある屋台村で、チェンマイ名物カーオソーイ(カレーヌードル)うまい

22時から、ロビーにて滞っていた記事制作と更新。部屋にWiFiが利用できないためここでやるしかないが、蚊が多くてやりにくい。しかし冷水器があるのでありがたい。

朝 抹茶ブラウニークッキー6 プリングルス小さい袋20
昼 ポーク入り焼飯 29 オムライス17 特売ヨーグルト2個 10
夜 カーオソーイ・ムー(豚カレーヌードル)50 うで玉子(1.5個)7

宿 Travelers INN #315 250 (depo250)

281 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*