UberEats 32日目 ついに宇都宮進出・仕事とツーリングが合体

スポンサーリンク

港区の次は、先週エリア開始したばかりの栃木県宇都宮市で配達しに行きました。

まさかの宇都宮行きのきっかけは、雨の土曜日。

それまでは、宇都宮で配達しようなんて、全く思いもつかず、そんな目的意識すらなかった。突如の思い付きである。

いつもなら、土日は都心で稼ごうと思ったのに、6月6日の土曜は雨ザーザー予報。なので都心に行くのを断念した。

ホテルもキャンし、ガックリしながら、ある人のツイッター見てたら、

配達エリアが「宇都宮」

となっていたので、どういうことか?と思ったら、すでに6月2日からエリアスタートしていた

宇都宮が新エリアになったのは、我ながら全く知らなかったのだが、もっと前以て知ってれば、初乗りデビューできたのになあ

でも日曜ならまだフレッシュさが残ってるはず。ブーストも付くかもしれない

港区とちがって稼ぎに行くというよりも、

半分遊びに、ツーリングに行く感覚でやることにしました

32日目 6/7 日

自宅からR125で東へ。いつもとちがう行程に心躍る。まさに旅気分。

五霞からは新4号バイパスを行く。新4号はスーパーハイウェーといわんばかりの高速道路のような非常に快適な道。50キロの間で4回ぐらいしか赤信号にひっからなかったほど。

これだけいい道だと、海外なら100キロ走行がデフォルトなのに、周りの車は静岡の由比バイパスよりもおそく、じれったい。

それは、白バイが2台もいて、肝を冷やした。対向車線だったからよかったものの、用心。用心。

13時過ぎ、バイパスからいよいよオンライン。もうお昼時は終わりに近い。宇都宮駅に向かう途中、鳴ったものの、運転中だったのでちょっとほって置いたら、いつのまにかすぐに消えてしまった。鳴る時間が短くなったのか。

市街地に着いたものの、それからはまったく鳴らなかった

栃木県は「とかいなか」というキャンペーンのCMをやってたことがあるが、街並みは割と都会的。

しかし、体育会系の男子高校生は、みんな坊主頭というのが田舎だ!

記念すべき北関東・栃木・宇都宮の初配達は、

駅東口ホテルマイステイズ1Fの餃子店。

初配達が餃子なんて、いかにも宇都宮らしいではないか。

スポンサードリンク

宇都宮観光

都心ではもうあり得ないが、UberEatsの始まったばかりのエリアでは、配達員は注目の的だ。

すれちがいざまに「あ、ウーバーイーツだ」「ウーバーイーツ」とよく言われる。

オリオン通り(繁華街のアーケード街)では、居酒屋が椅子など出しているが、飲み食いしてる客からたいてい「ウーバーイーツだ」とはやし立てられる。

ある意味芸能人になった気分になれる。

目立ちたがりやの人はいいが、恥ずかしがり屋の人はきついかも。

昼間は全然鳴らなかったので「鳴らぬなら 観光しようホトトギス」の名言通り、ドン・キホーテの駐輪場に留めて、街を歩いてみた

この町はとにかく餃子、餃子。餃子の像までつくるあたり、まるで餃子教。

プラザヒカリという昭和の古めかしいビル。地方都市だと、こういう昭和な建物が残ってるのが味があっていい。

宇都宮の繁華街にはプラザヒカリほか、レトロなゲーセンが何軒かあった。この写真はドンキ地下

餃子だけでなく、宇都宮はJAZZの街でもあるらしいが。

餃子を食す

宇都宮と言えばしつこいぐらいに餃子。しかも初配達が餃子だったこともあって、

餃子がくいたくなってきたので、店を探す

たかが餃子されど餃子なのに、有名店は何十分も並ばされるのでめんどくさい

みんみん餃子は、係のおばちゃんが栃木か東北訛り。旅気分。よく見たら、駐車場にも人が並んでいた。コロナ時代なので感覚を開けていたのだった

ちょうど空いていたのがとなりの悟空という店。有名人も多く来店したようだ

カウンターが調理中の油臭いのが気になったが、野菜餃子6個入310円は。うまい。焼きたてはうまいね

餃子を堪能した後の17時前にオンライン。早速依頼が鳴った。マスクすればギョーザの臭いも抑えられる。

あるカフェにてPick。待っている間のゆるい初夏の風が気持ちいい。黒とかげ哲子のCMでも出てくるUberEatsオリジナルの紙袋、初めて見た

オリオン通りの居酒屋は3回集荷したが、初配達が炭火焼き鳥・2度目がカレー、3度目が海鮮丼と、ひとつの店でえらいバラエティーがあった

配達先もマンションあり、アパートあり、一軒家ありと川越と同じ感覚か。

最後に駅西口のマクドナルド。この日の宇都宮はマクドナルドや健太やほっともっとのようなチェーン店は少なかった。その土地に根差したカフェやレストラン、居酒屋だった。ただその一つがギョーザチェーン店だったのが宇都宮らしいけど。

仕事を終えて帰る

21時半ぐらいに宇都宮を後にする。

新4号バイパスは、夜になると昼とは打って変わって、どの車も派手にかっ飛ばす。

YB125Zを全開にしても、それでももっと速いほかの車から引き離されてしまう

全開で走行し続けると125㏄エンジンがぬっこわれるので、やむなく80~90キロぐらいでゆっくり走る。

これがVストローム250だったらどんなに快適なことか!とほぞをかんだ。

125㏄で長距離走るのはいやだ。125㏄だと振動でバイブのように腕もしびれるし。

この時ばかりはうちのVストローム250を緑ナンバー化しようかと思ったりした。そうすれば全国配達しながら旅できる。でも事業用だと保険等が高いし、実際は125のほうが配達しやすいし、各地をキャンプやホテル住まいで点々とすると出費もかかるしクエストつかないからそんなに儲かりはしないだろうけど。

収益

13時40から21時15まで稼働

4660円 11配達 OL7h04 時給659円

内訳:4610+チップ50

走行280km (稼働78㎞)

ブーストなし。シミなし。クエストなし。そのため配達1件の単価は384~495円で、ダブルでも720円と安い(ちょうど先週の東京だと、ブーとシミがつくので単価520~864円になった)

普段担当している東京地区(埼玉・千葉含む)ではないので、宇都宮で何回配達してもクエストの対象外。

でもおもしろかったからヨシとする。

昼間は1回しか鳴らなかったものの、夕方から夜はそこそこ多くなるようになったので、夕方だけの時給換算だと、900円ぐらいになる。

しっかりやっても時給900円は低すぎるが、半分仕事、半分観光遊びなので、これでいいのだ!?

531 total views, 4 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加