サマータイム(夏時間)に大反対な理由。現在の日本では大混乱になる!

これは「知らないでは済まされない」事態です。さすがにもう黙っちゃいられません。サマータイムというと、サーカスの「Mr.サマータイム」みたいで一瞬響きはいいけど、実際はとんでもないことなんです。

五輪猛暑対策に夏時間検討へ=政府、首相主導で慎重姿勢から一転
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3725348

むしろ、あえて独裁的にサマータイム(夏時間)を実施して、日本のシステムがめちゃくちゃになって、日本がますます壊れて貧乏になっていく壮大な実験をしたいのかな?とすら勘ぐってしまうぐらいです

で、なぜ私がサマータイムに反対するかというと

夏時間導入の理由がヘボすぎる

サマータイムは国民生活が激変するぐらいのことなので、それをやるからにはどうしても切実な必要性があって、国民全体が納得すべき方法や論理が必要なのに、

マラソンなどのスタートを繰り上げるために?朝7時でも暑いから、もっと早くスタートしたいからサマータイムしたい、と仰せのことだけど、小学生か?

昔のアナログ時代とちがい、今や完全な電子社会となった現在、交通機関や金融、ATMなどといったシステム改修やその後のトラブルやエラー対策に莫大な人員と費用がかかることを、どれだけわかってんの?

それらの手間は本当に足かせでしかなく、よっぽど「生産性」がないのですが。

個人の負担も大きい!補償の問題もある!

昔とちがって、PCやスマホやテレビ、白物家電まであらゆるものが時計設定されてるので、それらをいちいち変更するのは非常に面倒な作業なのに、

「いちいち時計設定するのはめんどくさい?だけどオリンピックのためだから、よろしくな」って、あんたがた何様?

たとえば、サマータイムをまたいで番組録画予約をした場合、番組時間が当然ずれて予約されたので、お目当ての番組が見れません。

「見たい番組が予約できなかった!どうしてくれるんだ!」

とクレームになった場合でも、見れなかった番組は、政府がぜーんぶ完璧に補償してくれるんでしょうか?

ナンセンスどころか、逆に害悪。大混乱。危険。

時間をずらしたところで、暑さが変わるわけじゃない。そんなのは小学生でもわかるし、むしろ害悪になる理由がある。

例えば祭りや花火大会は、どこの会場でもおおむね19時から21時で行われます。その時間より早くやると、まだ明るいわけですからね。

だけど夏時間で2時間ずらした場合、実質的には21時から23時になるわけですよ?

そうなると大都市圏などの場合、終電までわずか1時間ぐらいしかないから、終電に遅れまいと、今までではありえなかった想像を絶する大混雑・大混乱は必至!

そもそも地方だったら、その時間は電車そのものがないよ。

乗りそびれたらどうするの?

電車がなくなりタクシーだって長蛇の列になると、どうするの?睡眠時間を考えると、明日から仕事なサラリーマンや、子供とかいる場合どうするの。

それらを思うと、ちょっと考えただけでも以上のような弊害がわんさと出てくるのに、サマータイムの実施したい理由があまりにも軽薄すぎる。どれだけ思考が浅いんだろう。納税者としていやになります。

たかが2週間のオリンピックという国家道楽のためなら、何をやっても許されるといわんばかりなので、どれだけ国民を軽視してるかがわかると思います!

では、オリンピックの問題についてどうすればいいか

を私なりに考えた見たところ、

10月にずらす

ネット民の方からの意見で多いのは、時期を秋にずらすこと。基本に戻って、体育の日に行えばいい

軽井沢や東北・北海道などでやる

そもそもマラソンは、東京でやる必要性があるの?と思う。

暑っ苦しい東京が映し出されるよりも、高原の緑に囲まれて走ってるほうが、見てるほうもさわやかですずしいはずなのに?と心から思うのですが。

マラソンぐらいなら施設的にも、軽井沢や札幌には冬季オリンピック会場があるから、それを再利用すればいいと思う。

マラソンは5時からやる。または7時のままやる。

もうね、夜中だろうが朝だろうが、東京都心は気温が下がらず熱帯夜でどっちみち暑いんだから、7時のままで行えばいい。

それで暑いだなんだの文句を垂れるような選手などがいたら、自由に参加辞退してもらえればいい。そのほうが選手の身のためだしね。

オリンピックをやめる

正直、自分としてはこのほうがホッとします。今の政治だと、オリンピックをダシに何をされるかわかったもんじゃないから。

まとめ

下記のリンクの通り、IT関連だけでもめちゃくちゃになるのに、さらに睡眠時間や労働が長くなるなど、国民生活にまで悪影響が及ぶサマータイム。

「サマータイム実施は不可能」スライドが話題 「経済被害が兆単位」「サイバーテロをお膳立て」立命大・上原教授が指摘

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/10/news090.html

一言で言えば、「たかが東京の2週間のお遊びのために、日本全国国民の生活をかきみだすんじゃねえよ」それに尽きる。

国民生活にかかわる大問題なのに、その法案をいとも簡単に通そうとする今の政治は、もう国民よりもオリンピックのほうが大事でしかなく、あまりに幼稚で無責任すぎて、あるいみ末期的。日本はどんどん酷い方向に向かってる!!

なのでこのままではどうなるかと思うのだけど、救いだったのが、ニュース記事のつぶやきなどを見ると、ほとんど圧倒的に反対意見だった。

ただ、いくら世論は反対したとしても、妙な政治力学で実施される可能性があるから、予断は許さないと思う。

ということで、この記事に賛同される方は、ぜひ拡散やシェアをお願いします。

あまりにくだらない理由な、ロジックも信念も必要性もなさすぎるサマータイムのつけで、多くの不利益をこうむり、ぎせいになるのは、結局は我々1億3千万の国民全員なのだから。

この記事が、一人でも多くの政治家やマスコミ・オリンピック関係者の方々の目に留まると幸いです。

1,789 total views, 6 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*