旅に生きるには取捨選択が必要。欲と怒りのエネルギーについて

日常生活
スポンサーリンク

限りある人生。旅で生きるためには、どこまで行って、どういう人生配分をするべきか?

ちょうど
「国内ツーリングにも行きたい、海外ツーリングにも行きたい」

というツイートを見かけたが
自分の場合あれも行きたいこれも行きたいと欲張ると
もう金銭的に無理なんだな。

交通事故はしてはいけない

田舎の地元でのUberEatsの稼ぎはたかが知れてるし、かといって長時間UberEatsではたらくと、事故に遭う危険が一気に高くなる。

こないだバイク事故でリハビリしてる人のツイートを見たが、本当に悲惨だと思った。

つらい痛みと不自由な毎日。治療やリハビリのお金もかかるし、迷惑も掛かるし、その後の人生の計画も狂う。何一ついいことはない。

なので、事故は厳禁!

そのためにはメンタル管理は大事。

欲張ってはいけない。

気が乗らなければ、魔が差すと感じたら、あっさり仕事休み、ひきこもる。

元気な時に集中して稼げばいい。無茶はしない。自分ファースト。

コロナ鎖国から、開国して思った事

コロナ鎖国だったころは、日本しか旅のしようがなかったので、好む・好まざるにかかわらず、UberEats日本一周の旅に集中できた。

そして今年になって、一通り日本各地を旅し、今年からタイやインドに行けるようになってからは、日本の旅に全く興味が無くなってしまった!

それどころか、いまの社会に憎しみすら感じている

それは、いまだに亜帆で苦粗同然のコロナ脳社会がはびこってて、日本を旅してもそのあまりの臆病さに興ざめばかりでまったく楽しくないのです。(もしコロナさえなければ、いまの日本の社会に対する見方が全然違ってたと思うけど)

コロナも弱毒化して日々状況が変わっているのに、この国はいまだにカバの一つ覚えで2年前と同じ対策をさせるなんて「オマエラ、イイカゲンニシロヨナ!!」と思う。某国の救いようのないゼロコロナと同じ穴のムジナ。

「カタールのW杯を見ろ!この弱虫!わしは強いものの味方ぢゃい!」

と毎日のようにバリバリの反抗期のようにツッパリたくなります。

 

コロナ前からすると、この国は、本当に元気がない!

ナンセンスなコロナ対策なんぞぶっとばして、昔のような元気をガンガン出せよ、我が国よ!

と、どこかで「カツ!」を入れたくなる。

 

たびいちはそんないい歳ぶっこきながら反抗期な不良中年なんだが、さすがにいい年こいた大人なので、出先で無駄なトラブルを起こしてもあかんので、怒りをおとなしく秘めている状態です。

そのあばれたいぐらいの荒れ狂う怒りのマグマを海外の旅で発散させて、稼いだジャパンマネーを海外の旅先で還元するのだ。

なので、いまの社会に興ざめするぐらいなら、花苦粗ほじりながらひきこもってネットしてるほうがよっぽどいいのであります。

スポンサーリンク

仕事人間

幸い、配達仕事がどういうわけかとても楽しいので、すっかり仕事人間になってしまった。

若い頃はクビばかりで職を転々として、働くことが大嫌いだったことを思うと、考えられないことだった。

コロナ脳社会でどこかに出かけたり旅行に行ってもぜんぜん楽しめないのなら、もはや仕事に楽しさを見出してる感じ。

いま、意外とそういう人少なくないんじゃないかな。

交通事故に遭わないレベルでそこそこ働いて、スーパーSDGs(ようはただの赤貧生活)をしながら旅資金もコツコツ貯める。

それでもやり残した九州北部は来年5月にリベンジしたいが、実を言うと、日本一周を完結する来年夏からユーラシアの旅立ちまで、Vストローム250は何年間か封印同然になると思う。

Vストローム250を封印する理由

その理由は、ひとつは金銭的な余裕。

アフターコロナは毎年冬場に海外放浪を続けながら、二つもバイクに乗る余裕はない。
ミニマムライフをして少しでも出費を削らないといけない。

125㏄のお仕事バイクとママチャリがあれば充分だとわかった。

そのため、無駄な事は切り捨てる必要性も出てくる

敢えてVストローム250を封印することによって、無駄な旅や出費を抑え、本当に自分がしたい旅にconcentrateできる。

南タイのビーチや、インドの奥地、ミャンマー。まだまだ行ったことのないアジアがいっぱいある。

冒頭にも言った通り、海外に行きたいだのVストローム250でツーリング行きたいだのと、欲張ってはいけない

冬の間毎年海外に行くとなれば、コロナ以後はけっこうな出費になるので大ナタを振るって無駄をリストラしないといけない。

もう一つの理由は、

2019年夏にVストローム250を買って以来、当分の間は最高の日々だった

ところがコロナがやってきて、そしてつきあってた彼女と別れた以上、もうあのコロナ前の素晴らしい日々を越えることはもう不可能だろう。

日本国内をVストローム250であのときと同じふうに旅しても、あの最高の時を越えられないとなると、ほろ苦い思いばかりがよみがえって、いまの不甲斐なさに辛くなるだけ。

だったら過去は過去、現在は現在で、中途半端になってしがらみになるぐらいなら、ばっさり封印して新しい旅の境地に集中し、新たな素晴らしい日々を発見するほかない。

 

まあ日本の旅なんて、20年ぐらい経ってコロナ脳社会が消えてからでも充分だしね。

とはいってもへそ曲がりな自分は日本の「観光地」なんかぜんぜん興味ない。

そんなカンコーチがあっても、たまたま近くで混雑が無ければ気分次第でぷらっと立ち寄る程度です

世界の旅のほうが、心から驚かせてくれるので。2022.12.02

 501 total views,  1 views today