たびいち、コロナワクチン打ってきました

体の不具合改善
スポンサーリンク

ついに流行に乗って、12月下旬の熊谷市某所で、初ワクチン接種しました

そして3週間後に2度目のワクチンを接種したので、追記します

しかし、それまでの道のりが大変だったのであります

打つキッカケは、今後海外に行くとなるとワクチン2回接種は絶対に必要(さもないとかなりの不利益と面倒)になるし、せっかく国費でタダで受けられるのだからチャンスを無駄にせず、打つことに。

未知のワクチンということで、世界で反ワクチン陰謀論がうごめくなかでも、やはりノーワクチンでコロナにかかりたくないし、ワクチン配合の体になると、「たびいち2.0」から「たびいち2.1」にアップデートのバージョンアップになって、より強い自分に体が改造され進化する気がする・・・なんてね。

ともあれ、40代の集団接種が始まったのは9月か10月ぐらいだったが、その頃は旅の最中だったので受けるに受けられないため、旅を終えた12月から受けることにした。

ところが11月には集団接種も終わり、接種会場も日時も大幅に減って、いっきに狭き門になった。予約はその日のうちに満員になるため、まるでチケット争奪戦だった

前回予約に挑戦した時は、電話のみの受付でしかなく、その電話が全く通じないまま終わってしまった。このままでは接種を受けられるのだろうかと不安になった。

そして次の予約チャンスは、12月2日の8時半からスタート。今回は、再び市の予約サイトからできる。

キャンプしながらワクチンを予約!

その12月2日当時、私は岐阜の木曽川の河川敷でキャンプしていた。

霜が凍り付く冷え込みの中、朝起きて、テントの中から、スマホをテザリングして、PCの電源を入れて、いざスタンバイ。

8時半の開始と同時にどんどん埋まっていった。予約枠は、一つの病院にたいし、1日4回の時間帯に6人、つまり1日で24人。それが4つの医療機関なので、一日100人程度だ。

開始後の8時33分の時点でこのクリスマスイブの最後の時間帯は全部受付済みになっていた。たった3分でソールドアウトなんて!

焦る。火曜日で予約したら、その間に誰かにすでに予約されたのでできないとのエラー。
代わりに別の日にずらして予約取れたときは、心からホッとした

これで12月中旬のとある医療機関にてワクチンを受けることができる。

自分がワクチンを受けるころには、接種済み者は1億人を突破していた。

1度目の注射を受けに行く

そしてワクチンの日がやってきた。

熊谷の某医療機関に、予定時間よりも15分ぐらい速く到着したが、そのまますぐに手続きできて、きがつけばすぐに自分の番がやってきた

名まえではなく番号で呼ばれる。

この日、接種者は、半分ぐらいが母親に連れられてきた中学生だったか。

医者に症状などの確認された後、別室に案内され、看護婦さんからファイザーワクチンの液が0.3ミリ入ってることを見せられる。

注射の瞬間

打たれた時は、思ったほど痛くはなかった。この乾燥した時期に指先にくらう静電気のほうが何倍も痛いぐらいだ
それは、注射針が細いので、インフルエンザワクチンよりは痛くないらしい。

その後の副作用は、あまり大したことはないなと思った

ちょっと経ってから違和感が出始めて、2時間ぐらい経ったときは、筋肉痛の残りのような違和感程度だった

しかしその後は緩やかに痛みが増しはじめ、その日の夜中になると、痛みが少し強くなってきた。この時が痛みのピークだった。

左腕じたいは充分動かせるけど、すこしでも腕や手を延ばすと、痛みが走るので、当然何十キロも持ち上げるような力仕事はやめたほうがいい。

翌日。

夜中に比べればだいぶ引いたものの、腕を曲げるとまだ少し痛む。

そして3日後以降

にはほとんど痛みはなくなった。6日後になると全く痛みも違和感もなし。

副作用で死者が出るなんて話もあったりしたが、

痛みも副作用も見事に「想定内」で終わった。

さあ、

二度目の接種の3週間後、どうなることか。

 

スポンサーリンク

2度目の接種

一度目の接種から年が明けて、3週間後の2022年1月某日の同じ時間に同じ場所へ。

きょうの天気は晴れ。その前日は雨だった。本来キャンプ地で予約した時はをその前日を狙っていたが、その日が埋まって翌日にずらしたものの、もし埋まってなかったら雨の中行かされたので、逆に運がよかった。

2回目の時も、前回の時と同じ面子を見かけた。注射針を見せられた時はいやだけど、刺された時は全然痛くなかった。針を抜いたときに少しヒリっとするいやな痛みがしたぐらいか。

2回目のほうが痛いと聞いていたので、どんなものぞとおもってたが、接種して4時間後の左腕の痛みは、1回目と同じの程度の鈍痛だけど、2度目で慣れたせいか、1回目よりはそんなに痛くない気がする

その翌日、副作用が!

腕の痛みじたいは1回目とほぼ同じだったが、

2回目となると翌朝は見事に悪寒がした。

1回目になかった悪い症状だ。朝起きたらとにかく寒気がしたので、あったまって食事したら、今度は顔とかが熱っぽくなった。

このときの体の寒暖差はマラリアみたいな症状の感じか。

ただしだるいわりには、のどの痛みとかもなく、食欲も普通にある。まれに頭痛がするだけ。

なのでしっかり食べて、その日は一日ずっと寝てたら、

翌日にはだいぶよくなった。さらにその翌日以降は元気が戻った。

懸念してた副作用を乗り越えて、ついに抗体ができたので、やったぞ!これで強くなれたゾ!という気分。

これでコロナも全然こわくない!

もちろん、人それぞれ考え方違うけど、たびいち個人の考えとして2度目のワクチンを打った後に思ったことは、ワクチンを打ったなら、何にも恐れることはない。そう思うようになった

そもそもすでに大多数の人がワクチン接種済みで、オミクロンも弱毒化してるし、2回目の副作用の時に疑似コロナ体験をしたので、自分の気持ちとしては、オミクロンなんてくるならかかってきやがれ、どんとこいだ。かりにオミクロンにかかって克服したら、よりさらに強くなれる。

一刻も早く、2019年以前のように自由な社会を取り戻し、再び経済を回さないといけない。今のままコロナに怯えてつづけていたら、ムダな税金が費やされて経済が回らず、生産や物流なども滞り、結局生活が不自由になりますます苦しくなるばかりだ。この世を覆う閉塞感など、心の病のほうが重大だと思う。

我々は自由市民なのだ。無駄に恐れず強く生きよう。自由を取り戻そう。

 

世界一周、大好評発売中!いまなら特別価格!

君も、たびいちと一緒に冒険して、コロナウイルスを爆発させよう!

 1,080 total views,  1 views today