(65)生まれて死ぬまでベジタリアン。インドのベジタリアンと宗教観

ブラジルからふたたびインドへCome Back!

本日のお題は、「インド人のベジタリアンはなぜ生涯ベジタリアンなのか?」

それでは、ごぶさたしていたインド編です

スポンサーリンク
336×280

2015年2月1日

8時40分起床。21℃。きょうから2月。デリーを出発してきょうでちょうど一ヶ月が経った。丘の上の村・マンデゥの見掛け倒しのボロ宿で迎える朝。

マンデゥの広場の店には、日本語を少し話す男がいた

日本のことをどれだけしってるか?ときいてみると、「ナインティナイン・オカムラ」といいだした

ほかに日本のことを知ってるかと聞くと、「ジャイアン。ファットマンだ」

そして彼は「カジュラホからきた。エロエロの町から来た」といいだし、なぜマンドゥで土産屋をやってるのかと聞くと「ここにはたくさん友人がいるからだ」とのこと。

マンドゥは自分としてはあまりぱっとしないところで、しかもGSが無かった。かわりに商店でペトロールを持ってきてくれたが、400mlで40(リッター200円!)と非常に割高になるので、ちびちび入れる。

エローラ・アウランガバード方面に向かうべく、そのまま南へ進むと、なんと行き止まりだった。しょうがないのでもう一回商店で入れて、行きに来た道を引き返す事にした。ガス欠を気にしながらもGSにたどり着いたときの安堵感と言ったら無い。タンクにマンマンにして国道に出る道へ行く。夜来た時には気づかなかったが、マンドゥは山の上にある村だったのだ。

今日は田舎の村を撮ったりしたのでちっとも進まなかったが、NH3(国道3号)からは念願のハイウェイ。走りに専念できるので一気に距離が稼げる。80km/hでかっとばす。

しばらくいくと、MPに入ったときと同じタイプの州境のチェックポイントが。まるでEUである。

DSCN2047

生まれて死ぬまでベジタリアン

チェックポイントを出たところの食堂に入ると、50歳ぐらいの店主(写真右)が

「君、日本から旅しているのか?私のおごりだから一緒にチャイを飲もう」

といいだした。

DSCN2055

チャイといっしょに、インドの国民ビスケット・パールGビスケットと食べる。チャイとビスケットの組み合わせはインドのティータイムの定番だし、私のインドツーリングの休憩時でも定番中の定番だ。

「日本は仏教徒が多い国でとてもいい国だ。私はヒンドゥーだが、君は仏教か?ヒンドューや仏教はいい宗教だが、(人を殺す)イスラムは嫌いだ」と首を切る仕草をして言った。おそらくIS・イスラム国のことだろうけど。

だけど、インドには沢山のムスリムが住んでいるし、インドのムスリムがISのように人を殺すとは思えない。そう気になったので、

「だけど、ジョードプルであったムスリムの人はとてもフレンドリーにしてくれましたよ」

と店主につっこむと、

怪訝そうな顔になり

「君の宗教はなんだね?仏教?ムスリムか?」といわれた

やはり、ヒンドーの人ムスリムの人両者に対して良くしてもらったのは、自分が第三者である日本人であるからだと思う。

このレストランはベジタリアン食しかなく、店主も厳格なベジタリアンらしく、玉子とか肉は食べた事がないのかと聞くと、「玉子や肉?とてもとても!」と言った。ということは店主の人生50年で一度も食べた事がないようだ。

旅行などに行って、現地のうまい肉や魚を食いたいと思わないのだろうか。それどころか屋台のオムレツを食いたいと思わないのだろうか。

自分なんかステーキや焼肉が食いたいと思ってる、ヒンドゥーから見れば超ばちあたりな男ですが。

けど彼らと会った事によって、インドのベジタリアンの実態が少しずつわかってきた。

それは、かれらにとって菜食主義というのは、宗教、人生の指針のようなもので、人間も動物だし、牛や鳥も同じ動物である。それら同じ仲間の肉を食べる事は、それこそ人肉を食するぐらいの罪悪、と思えばわかりやすいかもしれない。あらためてインドの奥深さを知る事が出来た

MPからMH(マハラシュトラ)州に入州。デリーをしのぐインド最先端の都市・ムンバイ(ボンベイ)が州都の州、といえばわかりやすいかも。

今日は気温も寒くないので9時10時ぐらいまで走る予定だったが、MH州に入ってShirpurという町ではじめてホテルを見つける。高架橋の下のホテルは「RosePalace」という、周囲の環境とはあまりに不釣合いなおしとやかな名前が気になり、ためしに部屋を見る。昨日にくらべれば広くてかなりきれい。値段を聞くと500のところを350に負けてくれたので即決。あっけなく今夜の宿が決まった。

「バラの宮殿」という名前のわりに、店員も客も、みな男。そんな男だらけの世界の毎日なので、インドは全然色気の無い国。男子校のように女気に飢えているので、夜になると疼いてくる。水面下のストレスもたまってきてるようだ。

ルームサービスでサブジー(カレー汁)とチャパティ3枚持ってきてもらい、やっと夕食。部屋で食べるのは実に落ち着く。チップ込みで100ルピー。11時半に眠くなったので寝る。

走行228km

インドDVD写真集発売!画像4500枚 商用利用にも対応
インド一周24000kmの旅で撮ったDVDデジタル写真集 「インドDVD4500」 が完成しました! 銀行振り込みとメー...


2月2日

9時起床。

9時間以上寝たのに、なぜかだるい。インドの田舎だと食事もあわなくなり、連泊せずに毎日移動しているので、疲れが溜まっているのだろう。朝は部屋でのんびりして、あとは一気に走ろう。始めの頃は連泊していたので、でもそれだと全然先に進めない。

デューレの町から片側1車線の田舎道になり、結局夜にエローラについた。15年前に泊まった「エローラロッジ」に再び泊まるべく探していたが、見つからず。

客引きに「エローラロッジを探しているのだが」と言うと、ついてこいといわれ、連れてこられた宿はエローラロッジではなく、エローラB&Bだった。

「こんなとこじゃない!」と言いつつも、念のためなんぼなの?ときくと500?それは高い!「ここはエローラロッジではないので、見つかるまで探すよ。ごめんね」と言って去る。背後から「300でいい!」と聞こえた。

それから自力でエローラロッジを探すもみつからず、あきらめてEllora B&Bに戻り、300で泊めてもらう。

「あのさあ、15年も経つと全ての物事は変わるんだよ。昔はエローラロッジだったところは、今ではつぶれてるかもしれないしほかの名前に変わってるかもしれないんだ。」とエローラB&Bの人に説得されてしまった

結局ここでも昔の面影はみつからず。泊まってみると、住宅街の中にあるので、10時になるとじつに静かだ。一軒家に自分ひとりの状態なので、物音だのホーンだのが聞こえてこない。

部屋の中で鈴虫が鳴いてるが、蚊もいたのでおすだけべーぷを一発すると、聞こえなくなった。ご臨終か?

走行236km

747 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*