日本一周9日目 仙台3 日本での沈没生活

スポンサーリンク

9月22日

天気:はれ

仙台はホテルも良いし、思ったよりも稼げるので、今日もずるずると延泊だ

ホテルの延泊手続きをするたびに、アジアの安宿でずるずる延泊していた時代を思い出す
とはいえ宿泊費がアジアとかのホテルの何倍もする以上、しっかり働かないといけない。でも働けば余裕で回収できる。そこがいままでの旅とはちがう。

アジアやインドと、日本で決定的に違うのは、「ゆるさ」がないこと

つまり、自分自身も無意識に緊張してしまう。アジアに行ったことある人なら、この感覚は判ると思う。

接客対応はとてもすごい。でも、世界のゆるさとテキトーさにどっぷり浸った自分にとっては、時に過剰に、堅苦しく感じてしまい、そこまでしなくていいのでは、とおもったりする

朝 ホテルの朝食
昼 ペヤングヌードル
夜 味わい俵おにぎりセット298半額
宿  仙台ホテル

スポンサードリンク

UberEats207日目

まちがって仙台西道路を走ってしまった

ああ昼の部おわた 東仙台・利府のあたりまで来た
緊張感も解けて、
ホテルの小部屋でただいまするのが、なんともいい
天気が悪くなければ17時半から夜の部やるかな

夜の部も終わった
雨予報だったのに、運のいいように天気が外れたおかげで雨に降られないまま仕事を終えた。
きょうはずぶの平日だから件数少ないと思ったが、きょうの収益も余裕で1万円を超えたので大満足。

ともあれ、今すべきことは、しっかり旅して、しっかり働くことだ。

悲しみにくれたあの日。

そして、不自由を強いられるコロナが憎い。

コロナが無ければ、後悔もここまでひどくなかったのではないか。

だからこそ、コロナに負けず、
満足に旅ができなかった去年の分も併せて、力強く、貪欲に旅をしなくては!

働くということは、傍を楽にするという意味もある

忙しい人もいる。外に出れない人もいる。体の不自由な方もいる
自分のエネルギーが、そういう人たちに見事にダイレクトに役立ってもらっている。
働くことは素晴らしい。なんてね。

明日は朝食なしなので、近くの閉店間際のスーパーに行き、明日の分も併せて半額弁当大量ゲット。

上の部屋あたりからドン・ドンと少し響く音がする
おたがいさま的なところもあるが、この時間に・・
まあいい、気にせず寝よう

収益

11-15時から17時20-まで稼働

¥12,096 オンライン6 時間 43 分 乗車15 時給1801円

走行 93km (稼働87km)

午前の部 \6443 乗車7

461 total views, 5 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加