日本一周10日目 仙台4 お彼岸の秋分の日は観音さまと

スポンサーリンク

9月23日

天気:晴れ時々曇り

今日も仙台のホテルに延泊だ。
なんか沈没っぽいけど、毎朝延泊するたびに、まるでタイやインドシナの旅を思い出すなあ

8時半起床。朝起きたら、さっそく溜まっていたエクセル(リブレオフィスのCalc)で費用の集計事務作業をする。そのあと11時から仕事だから、やることがウンとありすぎて観光するヒマもないが、いきいきと充実している。

予約したのはエコノミーだが、いま泊ってるのはスタンダードシングルらしい。

昨夜は22時過ぎにどしゃ降りがふったものの、今朝は晴れ。うれしい。仙台は晴れの日が多い気がする。

朝も昼も、きのう買った半額弁当。はやくキャンプめしがつくりたいこの頃。

朝 味わい俵おにぎりセット298半額
昼 味わい俵おにぎりセット298半額
夜 コチュジャンチキン弁当398 タンドリーチキン298 各3割引き キャベツの千切り68二割引 ソウルマッコリ
宿  仙台ホテル

スポンサードリンク

UberEats 208日目 9/23

ホテルを出てON。そのカレー屋は、なんと6.9キロ先の超ロングピック。きっとUberEatsのAIが、「あんたはVストの250㏄で速いんだから、とにかく行ってこい」ってことなんだな。

目的地に近づくと、丘の上の白い謎の物体が見えてきた。

そう、それが仙台大観音だった

なんと、仙台観音の下のホテルの地下駐車場がかさねやになっていた。なお、店にいた3人のうち二人は南アジア系だった。インドのブッダガヤを思い出した。インドとかは彫像とかが好きだしね。

このブッダガヤの大仏もそうだったけど、バブルの頃の80年代は大仏・観音の建設ラッシュだと思う。

コルカタ・デリー一気走り2 ブッダガヤ日本寺宿坊から国民宿舎へ
6月22日15時。 雨の中、濡れねずみで仏の都・ブッダガヤの仏心寺の宿坊に到着。 3月に来た前回は6号室に泊ま...

しかし、奈良の大仏のように当時の必死に生きる人々の苦しみから救いを求めて建立されたのと、バブルマネーで重機を使って建立したのでは、重みや、ありがたみが全くちがうのではないか。

実際、この仙台大観音も一部の住民から怖がられてるし、淡路島の観音像だってぶっこわされたわけだし。

ともあれ、思えば仙台に来てから、観光とか遊んでるヒマが無い。それは地元でやるよりもとても稼げる。東京並みに稼げるので、ついつい自ら率先して働いてしまう。

それでも仕事でいろんなところ走るうちに、観音さんを見たりと、けっこう観光気分になるから一石二鳥。

UberEats夜の部は、一本目がインド料理店だけど、店の名前がなんとNamaskar。つまり、インドのデリーで滞在してたときにお世話になったホテルと全く同じ名前なので、うれしくなってしまう。

あまりにうれしいので、インド人店員やお客さん(もインド人)にナマスカールとあいさつしたほどだ。もうたびいち、調子に乗りまくってる。

インド2019 デリーやグルガオンで食べ歩き
2月4日 11時半ごろ起床。予定通りナマスカールでもう一泊する パハールガンジのメインストリートにあるレストランで昼食。西洋人...

テンションバリバリ。仙台は毎日稼げて、Vストに乗りながら働くのはとても愉しいし、ホテル生活は快適なので、アジア旅の如く沈没しそうだ

明日出ようか、それとも月曜日までいるか迷う。

だけどホテルに泊まりながら働くと、稼げるのでつい頑張りすぎてしまう。正直疲れも出てきた。

祝日なのでめちゃめちゃ頑張ったので、15000円稼げた。けど、日本一周はまだ始まったばかりなので、キリがないからいったん出たい気もする。迷う。さらにその先のみちのくへ行きたい。また戻りたかったら、仙台に戻ればいいし。

北東北ではキャンプしながら働きたいし。キャンプめしも作りたいし。それもまたたのしみだ。たとえば仙台のみならず、札幌や福岡で1か月という働き方もできるわけだ。

収益

10時40から21時まで稼働

¥15,482 オンライン7 時間 26 分乗車17時給2082円

昼の部 ¥6,773オンライン3 時間 18 分乗車7 44㎞

走行 101km (稼働84km)44+40

247 total views, 3 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加