インド2019 デリーやグルガオンで食べ歩き

スポンサーリンク

2月4日

11時半ごろ起床。予定通りナマスカールでもう一泊する
パハールガンジのメインストリートにあるレストランで昼食。西洋人も多く利用する。

インドのレストランでよく見かけるのが、スーパーマリオに稲川淳二を織り込んだようなシェフのマーク。日本みたいにヒゲのない人とか、はては萌えキャラとかだと、インドでは旨味が出ないのだろうか。

麺類がくいたいので、トゥクパにする。これはチベットの料理だが、レストランの運営者はシーク教徒。若干の酸味がある。最初の印象はあまりうまいとおもわなかったが、食べるうちに旨味が出てきた。ラーメンライスのようにロティ(チャパティ)も追加。

いま泊ってるホテルはとてもうるさいので、ほかのホテルをあたってみる。オヨ系列のホテルは700ルピーでいいと言われ、確かに静かそうだが、夜とかになったらどーせほかの客がさわぐだろうし、部屋はくさくて息苦しそうなのでやめにする。

となると日本人宿のサンタナぐらいしかない。孤独感をおもうとサンタナのほうがいいかもしれない。しかしサンタナは門限があるため、グルガオンから戻ると間に合わない。

正午ごろに洗ったタンパンも16時半にはしっかり乾いていた。天気もいいし、この日は意外と空気も悪くない。しかしゴムロープはほかの洗濯物が覆われていた。夜中に取るか

まあまあきれいな部屋にいるはずなのに気分が重くなるのに、外を歩くと笑顔になるのはなぜだろう。
うるささのほかにも、閉塞と孤独感だろう。部屋には窓もないし。ずっといたら部屋にいたら発狂しそう。

メトロでグルガオンのMGロードへ行く。きた電車は満員だったので、それにのらず、次の電車を待って一番に並んだら、真ん中に座れた。 日本とちがって端の席は女性用とかになっててややこしい

電車内、メトロ列車内にもWiFiがあるらしいが、実質的にはできなかったし、テザリングはかろうじて。

こうして西遊インディアに到着。あれから4年経ったが、オフィスじたいは4年前と全く変わってない。閉店後におじゃましたものの、前回お世話になったAさんはさらに出世して多忙を極めている。なので私はブロガー作業をする。

それが終わった後は、駆け足でMGロード駅に戻る。まあ乗り遅れてもタクシーはアプリでも400~500ぐらいとたかが知れている

でもメトロならぜんぜんお金がかからないし、空いてる電車内ならPC作業に専念できる・・と思ったら、マウスを忘れてしまった 4年前と全く同じミスをやらかしてしまった。

この時のPCバッテリーは残り31%。スマホは34%。レッツノートにしてからはACアダプタを持ち歩かなくていいのが何よりだ

やっぱナマスカールで連泊でいいや。この界わいでマシなのはサンタナぐらいしかないし、よそ移るのめんどくさいし。

どっちみち明日からグルガオンに行くので、ここでは夜遅くに戻って、寝に帰るだけ。

マウスを忘れたので、時間が狂ったり、アイコンの位置がおかしくなったり。

この日のつぶやき

「え、みんなそんなに貯金してるの?」という広告が出てきたが、お金の有無を人と比べる時点で間違っとるちゅうねん!貯金なんて突然死んだらパーだし、年収100万の人が100億円貯めるのは無理なんだし、比べると惨めになるだけだ!と貧富の差が激しいインドで思った。

インドのカースト制度や差別。デリーやグルガオンにいる限り、物乞いがいる以外は、あまり感じられない。しかし19年前に初めてインドに来た時はそういう空気は今より色濃かったと思う。アウトカーストによる仏教などへの改宗や、IT産業への成り上がりなど、興味深い。

気温22.4-9.4
朝 タイのバタートースト パールG10枚 Maaza残り
昼 トゥクパ130 タンドリロティ12 駅前チャイ10
夜 チベット風モモ

スポンサードリンク

2月5日

12時前ぐらいに起きる。部屋は日光が入らないので、どんどん起きるのが遅くなる。

昼はバイク街。ジクサーを買った。あらかじめバンコクで7万ルピーぐらい両替しておいたので、キャッシュで札束で支払う。

ついに念願のジクサーだ!と

買ってはみたものの、車体から蒸気のような白い煙が出ていたのが気になる。シリンダー上部から入れたエンジンのオイルなのかもしれないが。

ジクサー、バッテリーがまだ充電されていない。30分ほどで終わるとか言ってたけど、ミラーも付いてない

チャイを一杯だけもらい、きょうはヘルメットともどもジクサーを保管してもらうことに。

バイクのチェックが終わったらジャンデワラン駅に帰る途中にある、4年前と同じ、いつもの店のいつものチョーメン。場所はここ

(22)デリー到着!デリーの街角グルメと、オートバイ探し開始。
12月20日の日記 デリー2日目。8時起床。室温16度。ボロくて寒い室内はペルーやボリビアのアンデス地帯の安宿にいる気分。ヒ...

ハーフサイズでも大盛。ナポリタン風味でうまい。

メトロでグルガオンに行く。窓際にGPSを置くと、列車の速度は72~75kphぐらいだった。

MGロード駅から、一歩住宅街に行くと道は砂埃がひどく、野犬も徘徊する。

グルガオンのローカルな日本食

MGF Metropolis Mallのフードコートには、Makoto Udonという日本食があった

うどんはたしか280ルピーだったか?

具材もふんだんで、インドにいることを考えるとおどろくばかりのクオリティ。

ねぎが🔰わかばマーク

たこ焼き ちゃんとちっこいたこがはいっていた

なによりおどろきなのが、食文化がきわめて保守的で制限の多いインドでも、日本の料理が、こうして一般のインド人にも受け入れられるようになったこと。

それまでの日本料理なんて、インド人は利用しなかったからだ。

やっぱり店員はネパール人だった。昔の長渕剛風?

Aさん、ありがとうございました

気温244 100
朝 ちょこぱい2 20
昼 シンガプーリチョウメンハーフ50  チャイ5
夕 うどん280?たこ焼き

2月6日

朝食は、チェンマイで買っておいて、かばんの中に残っていたドーナツを食べる。

いよいよ店にジクサーを引き取りに行く。

昨夜は夜でも17℃ぐらいあったせいか、この日の昼はあたたかかった。コートを着てると少し汗ばむほど。三寒四温がやってきたようだ。

今回買ったSuzuki Gixxerジクサー。インドを一周すべく、念願の単車を購入するも、これがトンデモな状態。マシンだけでなく人間のほうも抜糸手術をせんといかん。単車も人間もデリーにいる間に修復せんとなあ。

(ジクサー購入については追って記事にします)

早速試走。コンノートプレイス経由でかなり渋滞した。2車線のところを車が3つ並ぶものだから、すり抜けができない。

グルガオンの標識を追うと、ガソリンスタンド発見。

マンタンにすると、880ルピーぐらいになり、当時メトロが25ルピー。ビスケットが5ルピーだったからあまりの高さにびっくらこいたことがある。

しかし4年経つと、ガソリンの値段も少し安くなった気がする。

今夜も17度ぐらいの気温だった

気温25.0/12.6
朝 チェンマイドーナツ
昼 チャイ
夜 デシチャイ、51ルピー(49&税2)素焼きの器に入ったチャイ。あっさりしてうまい
マクドナルドフィレオフィッシュミール240ぐらい チョコアイス10 ムングダル10

138 total views, 7 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です