あれから3年!Vstrom DL250ついに買ったよ&ユーラシア・アフリカ計画は?

スポンサーリンク

1111の日です

ルートなどは過去にさんざん書いてきたので、併せてご覧ください

https://tabi1.com/category/eurasia

ついに買いました!

念願のVストローム250!

これで夢の第一歩が築けました

そいえばVストローム250買ってから1か月以上たっても、まだたったの190キロぐらいしか乗ってない。
それは片道10㎞ぐらいまでだったらママチャリに乗ってしまうからだ。

やっとツーリングに行くことができた

この11月11日現在は、中部地方の某所にいますが慣らし運転なので、「慣らし運転ツーリングの様子」を後日掲載します。

帰ったころには1000㎞を超えるといったところでしょう

だけどにっくき増税前にVストローム250買っておいて本当に良かった。

色が違うけど、格安で買うことができたからだ。

だけど、金欠!当分は無理!

インドの旅と、Vストローム250にお金を使い果たしたので、現状のたびいちドットコムの収益だと、ここ何年かは長旅はできない。生活に追われる日々が続く。

若いころは肉体労働を13連勤で働いてきたけど、いまは体力的にもうできない。めちゃくちゃ高い給料もらえるんだったら我慢するけど、そうでないなら週休2日は絶対必要。

今後ブロガー仕事しながらだと、一日6~7時間労働で週休3日ほしい。でもそうなるとお金にならないしなあ。

資金作りをしながらも、QOL(人生・生活の質)までは下げたくない。

ユーラシア後の生活もあるし、日々の生活の質を維持したいので、お金を貯め終えて出発するのに、下手したら10年ぐらいかかるかもしれない。

旅先で沈没したいけど・・

今年のインド二周目では、コルカタで42日間も沈没してしまった。その沈没の毎日が、めちゃくちゃ面白かったからだ。

なので、中央アジアのキルギスとかで、沈没の予感がする。

かといってずっとキルギスとかにいて、そこで冬が来てしまうと、その先のルート設定が支障になるので、やはり冬が始まるまでにイスタンブルまでたどり着きたいところ。

ほんとだったらじんわりじんわりと何年もかけて旅したいけど、日本と海外での二重生活になると、そのぶんお金がかかってしまうので、どうなるかは未定。

北極圏は、無理していく必要はあるか?

今年、同じVストローム250で世界一周中のAさんことアキサンが、ノールカップに到達しましたが

自分としては以前にも書いた通り、

ノールカップは全然興味ない。

物価が異常に高くて、夏なのに雨ばかりで寒いとみじめで苦行でしかないし、行ったからって誰もほめちゃくれない。

ほとんどの読者は、ノールカップそのものに興味なんかないと思う。

とはいえ、北極圏の白夜の世界はぜひ体験したいし、

美しすぎるフィヨルドも少しは走ってみたい

北極圏特にノルウェイをバイクで走るとなると、何もかもが高すぎてコスパがめちゃくちゃ悪すぎる。

そこで思ったのが、

ヨーロッパについては、全部が全部Vストロームで回り尽くすことにこだわらなくてもいいと思うようになった。

くたばれ!シェンゲン協定

そもそもシェンゲン協定の縛りもあって、90日以内と言う期間中に250㏄バイクで欧州全土に行くのは、私のペースだと不可能。走ってばかりでなく、記事づくりの仕事もしなくちゃだし。

かといって、期間内までに無理して、ただただ高速道路ばかり走るのはアホらしいしもったいない。

それならヨーロッパに行かんでも、日本の首都高をループしてりゃあ充分だ。

スポンサードリンク

ヨーロッパは列車で回りたい

だったら。

ヨーロッパの主要都市(ベルリンとかストックホルムとかコペンハーゲンとかウィーンとかミラノとか)をめぐるなら、

日を改めて、日本からヨーロッパまで飛行機で行って、ユーレイルパスを使って、北極圏やヨーロッパをちゃちゃっと旅したほうが、ツーリングよりも断然安上がりで効率がいい。

なので、Vストロームで行くなら、西ヨーロッパは都市部ではなく田舎などをメインにして、東欧を主にして、北欧は行けたら行く、気分次第で行けるとこまで行くって感じにする。

いま世界一周中のアキサンはあちこちの都会に寄ってるけど、バイクで都会に行くと、必ず渋滞に会うし、駐輪場探したりなど余計にかかるし、自分的にはかなりくたびれる。

主要都市に寄って、ホステルのドミトリーに泊まるのなら、別にバイクでなくてもできることだし、むしろバイクが無いほうが駐車料もかからず、よほど効率がいい。

私がやるなら、非シェンゲンのルーマニアとかウクライナなどにのんびりして、あとは西欧を駆け足めぐり。さすればシェンゲンの90日以内でも春から秋のワンシーズンが終わる。

ちゅうことで、ヨーロッパの主要都市や、北極圏は別な機会にユーレイルパスで行ったほうが断然いいや。

そう思うと、すごい気分が楽になった。

というか、これを書いてるうちに、ヨーロッパ各地を列車であちこち旅したくなったゾ!

逆に冬とかオーロラ見に行くのもいいだろうし。

バイクでしかできない優雅な旅を!

ヨーロッパを限られた期間で回るとなると、どうしても有名な観光地など回りがちになるが、他者からすると、どうも面白みがないことに気づく

バイクでそういうところ巡っても、だから何?ってかんじになってしまう。

せっかくバイクで旅するからこそ、あちこち追われるように旅をするのではなく、景色のいいところで野宿したり、歴史ある図書館に入って記事書いたり。そういうのに味があると思う。

アフリカはどこまで行くか

モロッコからは西海岸ぞいにサハラを越えて西アフリカへ行く。

いまのところの計画は、ガーナあたりで旅を終えようかと思ったりする。そのころにはバイクもガタが来てると思うし。

できれば、ガーナより先は、南アフリカにたどり着きたいが、そこからの道が超難関だからだ。

まずはナイジェリアがネック。ナイジェリアが江戸時代のように鎖国状態なので、観光ビザが非常に困難らしい。

かといってナイジェリアを迂回しようとすると、まわりの国はすべて避難勧告が出てるような、本当にロクでもないどうしようもない状態。

周辺国にてナイジェリアビザが取得に挑戦したいのだが、それでも取れないとなれば、いっそ骨休みを兼ねていったん日本に戻り、東京のナイジェリア大使館で取ろうかと考えたりもする。

自分的にはラゴスにも行ってみたいけど、Vストローム250だといいバイクに乗ってる金持ちと思われて、ワイロ攻撃でむしり取られそうな気がする。

ナイジェリアのほかには、コンゴあたりが最難関だろうが、アンゴラまで入ってしまえばなんとかなりそう。ナミビアにまで来ればもうこっちのもんだ。

南アフリカでも、Vストローム250が買えるのだ!

我らがVストローム250は、欧州や南米など世界のワールドワイドで販売されている。

https://www.instazu.com/media/2139164915772924050

View this post on Instagram

#getitwhileitshot #dl250 #suzuki

A post shared by Suzuki Motorcycles S.A (@suzuki_motorcycles_s.a) on

70990ラントは日本円で54万円なので、金額的には日本で買うのと、ほとんど同じ!

アフリカを回って戻った時に売ることもできるので、

Vストローム250でアフリカツーリンスしたい人は、ぜひ検討してみてはいかがだろうか。

もし大富豪ならば

ここからは実現率が0に近いので、妄想の世界になるけど、

たびいちドットコムが成功して旅先からでも充分稼げるようになったら、アフリカのあとは南米にも行きたい。

ケープタウンからウルグアイのモンテビデオまで船便で送る。

諸氏の報告を見てると、ブエノスアイレスよりも、モンテビデオのほうが受け取りがしやすいように思える。そして受け取り費用も安く済むと思う。

今はどうか不明だが。

日本一周もやりたいが

ユーラシアアフリカを前に、日本一周がちょっとやりたくなってきたぞ。

世界の旅に慣れる意味もあって、前哨戦としてはぴったりだ。

初めにGN125で日本一周したのが20歳の頃だから、やるとなると20何年ぶりになる。

そんな感じで、20何年ぶりの日本がどう変わったのか見ていきたい。

しかし、ただ単に日本一周しても面白くないので、

やるんだったらトラベルブロガーとして、何かテーマを持って、仕事とかお金になることを絡めていきたい。

ただでさえお金も資産も無いのに、もう40代なので、遊びだけでやってる余裕はない。

旅で稼ぎたい。旅で稼がなくてはいけない

旅で稼ぐ。~海外ツーリングとマネタイズ~
海外ツーリング研究家・ならびに格安旅行研究家のたびいちです。 ところで、「海外ツーリングで食べてる人」は、果たして何人いるの...

旅で稼ぐ方法をアホらしく考えてみた

「ストリートでカラオケをする」

街中とかで流しのように、おひねりを集める。

でも速攻で「うるさい」「へたくそ」「カエレ」と文句が来るだろうな

自分ですら、見ず知らずのおっさんがカラオケなんてやられたらうるさいからやだしね

ということで即刻却下。

そして良く海外のワーホリがやってるのが、

半紙と墨と毛筆で「愛」とか「神」とか書いて、売りつけるというもの。

でも間違いなく違法。

うん、くだらん。

まとめ

今後、いろいろ生活も変わっていくので、ユーラシア計画は夢になりそうだ。

ぶっちゃけ、インド一周の時もあれこれしんどかったし。

だけど、いつかは必ず成し遂げたい。

252 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です