Gotoツーリング失敗!その1「精神的に困り果てる日々」

スポンサーリンク

前回の記事で、5日から1週間ぐらいのGotoイートツーリングをやる予定でしたが、

ものの見事に失敗に終わりました。

その顛末を書いておきたいと思います

この失敗記事については、愚痴を全力で力いっぱい書いて書いて書きまくってるため、

本来なら、某SNS限定の公開にしてました。

ところが、

意外と批判めいた意見などは来ず、

逆におもしろいという意見までもあったので、

せっかくなので記事として生かすことにしました

精神的に参る 11月11日

Gotoツーリング、本来ならとっくに行ってる予定だったのだが、いまだに出発せずにいる

精神的に参ってます。

全く何もする気が起きません

昨年の1111と同じく、相撲を見てます

Vストローム250慣らし運転ツーリング・浜名湖渚園から名古屋へ
熱狂と感動のVストロームミーティングが終わった。 今夜も中田島砂丘でキャンプしようと思ったが、夜中も朝もこまごまとうるさかっ...

ちょうど1年前の1111は最高だったので、
それをおもうと、いまのふがいなさに落ち込んでいます

ツーリングに行く代わりに、今夜は溜まった雑務でもしようかとおもいます

「とても優柔不断な男です」13日22時

Gotoツーリング、まだ出発せずにいる

正直、あまり気乗りがしない

準備も非常に骨が折れるぐらいめんどくさいし、

大きいテントにするか、小さいテントにするか、何を持ってくのかなど、いちいちこまかいことに悩んでしまう

行きたくなるようなイベントなどがあるわけでもない。

家でゴロゴロしてるほうがラクだ。

普段仕事でバイクをいやっていう程乗ってるので、
ツーリングしてまであんまり乗りたくないというのもある

行くかどうか悩むのは、いつもの悪いクセだ
たとえば去年のインドの旅も、葛藤の連続だった

はたから見れば、スパッとはよきめんかい!と思うだろう。

ともあれ、
日曜日には出発しようかなと思う。それが年貢の納め時だ

金曜日ぐらいには天気も悪くなるし。どんどん寒くなるし。

「あの時行けばよかった」
と、あとで後悔するのも納得いかないので、重い腰上げていくしかないかなあ。

今回のツーリングは、今時らしいルールを設けたいと思う

それは、夕食は、毎晩Gotoイートを使うこと

さて、コロナ第3波がやってきている
早くツーリングに行っとかないと、また満足に旅ができない暗黒時代がやってくるぞ。

GoToはたぶん大丈夫だとは思うけど
地域振興版はとりやめたり品切れになる恐れがあるので、うだうだせんと、はよ行かんとなあ

ああめんどくさいよおお

スポンサードリンク

なぜ、ツーリングとGotoイートは合わないのか

(14日18時時点)

多くの人は、束縛を嫌います

できるだけ、鳥のように自由になりたい

とくに、会社勤めしてる人にとっては、つかの間の休日は、スケジュールに囚われず、好きなように余暇を楽しみたいと思うでしょう

しかし、いま政府などはGotoトラベルをすすめていますが

そのネックとなるのが「予約」が必要です

予約をするということは、義務が発生します。
常識の外れたキャンセルは、迷惑がかかってしまうので許されません。

かといって、一度キャンセルしたものの、気が変わって「やっぱ再予約するわ」
と思っても、もう手遅れです。

そのため、

私のように、優柔不断で気まぐれな人間には、とても不向きなシステムです

電車などの旅ではなく、自由に行き来できるオートバイの旅なら、なおのことです
とはいえ、
これまでGotoホテルを何べんも利用してきました

それは、UberEatsがらみだったからです

でも、今回は旅です。旅なら自由なんです。

明日は明日の風が吹くと言いますが、
ちょっとでも気が向かないから、プイっと目的換えて別の方向へ向かってもいい。

そのために、予約に縛られるの旅というのは、いかがなものかと

さらに、Gotoイートとなれば、30分単位で事前予約をしないといけない。

これは疲れます。

もちろん、ポジティブな発想で、スタンプラリー的なゲーム感覚で行けばいいのかもしれませんが、現実的には負担のほうが多すぎて、その気が起きない。

Gotoを利用することによって、予約だらけのスケジュールとなり、変な管理体制になってしまう

それに振り回されて、もやもやしてしまう

それが管理大好きな日本らしい旅と言えばそれまでだけど

「風まかせ」のツーリングとGotoイートは、

水と油のようなものかもしれません

つづく

1,449 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加