なぜ日本のツーリングは味気ないのか Gotoツーリング失敗その2

スポンサーリンク

きょうも魂を込めて愚痴を書きます。

すなわち、自分が感じた違和感や、素直に正直に思ったことを、書きます。

突然の終わり

きのうはGotoに振り回される違和感を書いた。

今回のツーリングは、毎食Gotoイートでまかなう予定だった

ポイント払いでポイントがもらえる無限ループになれば、
もはやタダ同然で食べられるので、使わないチャンスはない

もちろん、それを織り込み済みの上で旅をするのだが
予約がかなり面倒なのは、以前に書いた通り。

いいようのない違和感だらけ。

それでも行く先々でイートを予約しよう
と思ってたら、

「イートがもうじき終わる」

という知らせを目にし、不吉な予感がしたので
ふとぐるなびをよくみたら、もう上限に達してたため、イートはもうすでに終わっていた事がわかった時は、青ざめるぐらいシヨツクだった

14日22時時点で、食べログはまだやってるけど、今後はポイント払いでポイントがもらえるループがないので、予約時に1000円払わないと、1000ポイントもらえない。

すなわち半額分の恩恵しかない

しかもおひとりさまだと対応している店が少ないのと、料理そのものが総じて高いので、貴重な時間を削って、無理してスケジュールを合わせてまで予約するほどの見合った価値はあるのか?と

となれば、スーパーで半額弁当や総菜を買うほうが、

よっぽど効率的で安上がりでは?

イートが終わって本当にくやしい。くやしさでいっぱいだ

哀しすぎる。

ついきのうまで、イート対応の各地のレストランや時間などを調べまくった努力はいったい何だったのだ!!

今年のテーマだったGotoツーリングする意味が、もうなくなってきた気がする。

もうPointもらえるのも終わったわけだし、あきらめよう。

覇気のなくなった旅人

結局、翌日(15日)に起きた時も、もう出発の期限が迫っているというのに、

全然Gotoツーリングのやる気がでなかった

どよーんと

「行きたくない」
「めんどくさい」

ただそれしか思い浮かばなかった

なので、予約しておいたホテルもキャンセルした(ちゃんと期限内のキャンなので問題なしだが)。

その原因は、速い話が
年齢のせいというのもあるし、
冷めてしまったがゆえのしんどさだと思う。

若いころは、黙ってでも日本国内、勝手にいろんなところに行ってた

大変だったけど、いきおいもあったし、いまみたいにネットのほとんどない時代だったので、未知や未踏の部分が多く、地図を見ながらキラキラわくわくしてた。

しかし全都道府県を行ってしまい、世界6大陸にも行き、だいたいのことがわかったとなれば、ちょっとやそっとの旅では感動しなくなった、困った自分がいる

つまり、日本を旅しても、冷めてしまっている

たとえば「友人や仲間や恋人に会いに行く旅」など、わくわくする目的があればいいけど、
ツーリングが目的のツーリングなんて、自分にとっては、もうかったるいだけだ

スポンサードリンク

「なぜ日本のツーリングは味気ないと感じるのか」

で、なぜ味気ないのか?

その理由は、以下に書いていくけど、

まず日本の物価が高い。道が走りにくい、他人に対してどこか厳しい。活気のない寂れた地域が多い、

など、あげるといろいろある。

物価が高いと、旅もセコくなって、みじめな思いになる。若いうちならカラ元気で乗り切れても、40過ぎた中年だとじつにみじめだ。当然高速道路は乗れないので、混雑する下道しかない。

物価の激安だったインドは、気軽に修理もできたし、ホテルにも泊まれたし、ある意味旅がしやすかった。

タイやインドとかのような、わくわくするような衝動が日本の旅では感じにくい。

たとえばインドの秘境は、全く予測できない発見や出会いがありましたが、
日本だと、だいたい何があるのかとか言うのがわかるので。

そんな予想がつく場所に、たったひとりぼっちでぷらぷらしてもなあ。

これが彼女と一緒に旅をすれば、またぜんぜん違ってくるんでしょうけどね

インドの秘境のような、世界の旅に行きたい

心を揺さぶられるような旅をしたい。

今の気持ちは

行くなら今しかない。
だけど・・・
いまいち気が乗らない。

と、アクセルとブレーキを両方踏んでる状態だが、

日本の一人旅の味気無さは、味わったものでしかわからないと思う

たとえGotoイートとはいえ、居酒屋とかで一人で食べるのも味気ない。

そういう店は友人や彼女や奥さんや家族などと行くのがいいんだろうけど、

ひとりぼっちで食べるのは味気ない

タイだったら安いのでいろんなものが食べられるので孤独感を味わう余地すらもないし

インドだったら、店員やほかの客など、誰かがかまってくれたりする。(時にはうざったいこともあるが)

しかし日本だと、

一人旅は一人旅でしかない。

ひとりぼっちは、ひとりぼっちでしかない。

その違和感、

わかるだろうか。

伝わってますでしょうか?

たとえば前回キャンプした時、非常に嫌な思いをしたのも、大きな輪の中ではなく、ひとりぼっちだったからこそだったとおもう。

室温37℃・灼熱の真夏に若洲キャンプ場で3泊した結果
第1部に続いて 第2部は、東京湾に浮かぶ島・若洲のキャンプ体験記です キャンプ1日目 8/25 火 初日 昼過ぎ...

そして今ではコロナの第3波の予兆がやってきた以上
一部の現地住人からいやがらせをされるのではないか?という不安。

そんな状況で、

自分は心から旅を楽しめるのか?

だから味気なくなってしまい、

やる気が起きなかった。

Gotoイートの旅は、ただでさえ迷っていたのに、おもいもよらぬいきなりのイートの終焉により、より覇気が遠のいた

といいつつ、

ちょっとやる気が出てきたのと、行くか行かないかは別にして、
モヤモヤする気分をまぎらわせるために、さっき準備をしてきた。

Vストローム250に荷物も半分ぐらいつんでおいた
ただ、行くかどうかはわからない。

別の旅館を予約しようかと思ってるので、行くか行かないかののジャッジはその予約した時だ。

2,836 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加