2019年北タイ・チェンマイ・メーサイの旅まとめ 

スポンサーリンク

1月24日 温度計とタイ

パタヤの後は、行きと同じく31バーツ列車でバンコク駅に夕方戻った。

最安!パタヤからバンコクまで31バーツ列車で行く方法&週末特急とは
前回のバンコク駅からパタヤ駅に引き続き、 帰りも31バーツの3等列車に乗ってバンコク駅に戻ったので実録紹介!3等列...

そのあと、22時発の寝台列車ノンエアコンでチェンマイに行くのだ。

1900円!バンコクからチェンマイ2等寝台夜行列車・予約と乗車リポート
日本では姿を消している寝台列車。しかしタイでは現役の人気の交通手段。バンコクからチェンマイは、東京から青森と同じぐらいの距離で、...

1年前のタイ旅と全くやってることが変わっとらん。それまで3時間ほど時間があるので、駅構内で待ってればいいが、それも退屈だし、気温や気圧が測れるプロトレックが壊れかかって、いまの気温がわからず、温度計が欲しいので、MBKに行き物色。

旅のデータは、ただ暑い寒いと客観的だけでなく「いま何度」と論理的に記録を残す必要がある。

行きの駅からMBKは、29番バスがきたものの、次の29が待機場に来てからやっと乗れた。エライ待たされた。しかもMBKのあたりで大混雑。

1Fの土産屋の時計店で気温付き目覚ましデジタル時計が300Bぐらいで売っていたが、大きくかさばるので買うのを保留。昔ながらの水銀型のシンプルなので充分。

日本だと100円ショップでもDIYセンターでも温度計は売ってるが、タイだと難しい。年中暑い場所だと、需要がないのだと思う。タイ人は気温何度?とかに興味がないのだろうし。

MBKから駅へは、全然来ないバスを待ってる時間はない。タクシーだと100Bとか抜かす。60じゃダメ。

結局、モタサイ(バイクタクシー)に乗る。60B。どんどん財布のひも緩む。駅でずっと待ってネットしてればお金を使わず済んだのだが。

22時ちょうどにチェンマイ行は出発。寝台車の中は31℃。1月とあって、思ったよりは暑くない。22:55ドンムアン駅(空港直結の駅)着。前回バンコクからドンムアンに帰国便に乗った時はこの列車の3等に乗ったのだった

役立つ珍技!バンコクからドンムアン空港へ行く場合のとっておき情報
タイの旅の最後の帰国の日。バンコク市内からドンムアン空港へ行く場合に便利なちょい技を紹介します! タイの洞窟記事は、ひとまず終...

23:05ランシット着。さあ寝よう。

朝 コーヒー ドラゴンフルーツ
昼 コンビニで29Bのポーク照り焼き弁当と、いちご牛乳12.ヤクルトのようなの10。
夜 豆乳9 パンケーキ15

1月25日

チェンマイにやってきた。今回のノンエアコン2等寝台、95%以上が西洋人旅行者でびっくり。ファラン運搬列車。前回とちがって暑くないのでノンエアコンでも充分。

日本は真冬だが、チェンマイは暑くも寒くもなく快適な気温。真夏なバンコク・パタヤとは別世界。パタヤの夜は蒸し暑かった。

1月26日

チェンマイで2度目の手術を受けたりと、今回のタイ旅は波乱万丈で書くこといっぱいありすぎるが、昨年のゆるゆるインドシナ放浪外こもりと違い、今回のタイ旅はスケジュールぎっしりで毎日が忙しい。

虫刺され→激痛→タイとインドで手術!旅先の治療と病院選びについて
海外で症状が悪化し、タイとインドで手術したというレアケースに遭遇。どこの病院に行けばいいか?どれだけ痛いか?そもそも手術は必要か...

そしてスーパーカブ・ドリーム100をレンタルして、チェンマイを出発。最北端のメーサイまでのルートは前回と全く同じ。

チェンマイから最北端の町に行く 国境ツーリングの20年
若き日のたびいちが初めてのタイで心から大衝撃を受けた「タイ北部・国境ツーリング」を、20年後に復活! 今回の旅の最大のテー...

峠までの道は、あれから半年以上たってるのに、まだ全然工事中で走りにくかった。いつになったら舗装工事が終わるんだ。

チェンマイから60㎞ほどの天然温泉で休憩すると、たこ焼き屋台発見。近くに住むムスリム夫婦で、奥さんはタイ人ではなく、インドネシア人。二人は台北で出会ったという。とても良くしてもらった。たこ焼きはまずまずの味。

私が唯一知っているインドネシアの曲(Kala Cinta Menggoda:愛をからかう時?)のPVをパソコンで見せると、奥さんはとてもなつかしがってくれて、口ずさんでいた。

その後はひたすら走る。9か月ぶりにタイの最北端メーサイに「戻ってきた」。夜の9時の気温18度。寒い!さみい!寒すぎる! みんなジャンパーを着て真冬の服装だ。

パタヤの真夏モードからくると、たかが18℃なのに寒く感じるのはなぜだろう。とはいえいまの埼玉だとこれよりずっと寒い氷点下4℃ぐらいなのに。

今年もやってきた21年来のメーサイゲストハウスのバンガロー。川沿いからミャンマーを眺めながら、PCのスピーカからのBGMは「リバーサイドホテル」。やってることが昨年と、いや6年前来た時と全く変わっとらん。

次に何年後かにここに来た時も、今回と全く同じことをするだろう

1月27日 メーサロン再び

現在27時28分。きのうはメーサイから夕方までメーサロンと、あちこち欲張って寄り道したので、やっとこさチェンマイに戻ってきたのがなんと夜中25時半。

メーサロンで食べた今回の雲南面はレギュラーサイズなので40B。底にワンタンが4枚入ってた。

つづいてギャル床屋は、冬なのに相変わらず色っぽかったぞ。

山奥の秘境・メーサロンで雲南麺とセクシーギャルの散髪を味わう
台湾の山村のようなタイ北部の隠れ里・メーサロン(美斯樂)は、シャングリラのような思った以上のいいところ。そこに思いもよらぬ散髪屋...

前回とちがってスケジュールが詰め詰めになって、ノマド仕事もえらい溜まって、時間なさすぎで、夜中についたので疲れすぎて、ろくに食べることもままならず、大失敗。

明日もぎっしり予定が詰まっている。なんか、もうやだ。もっと余裕が必要だ。タイ旅はあと5日は欲しかった。はよ寝んと。

その反省によって、これからのインドツーリングでは走行時間は概ね10時から18時ぐらいまでとする。走行時間は短いけど、ようするに日勤の仕事と同じ。寒い時期の夜間走行はだめ。危険だし、なにより寒いしロクなことない

1月28日 ランパーン途中下車

かたずけしてたらもう11時半だ。あっという間に時間が過ぎている。時間がいくらあっても足りない気分だ。

これまでチェンマイでは長く生活してきたので、思い出の場所巡りや、現地のお世話になった人のあいさつ回りなどしようとすると、とても時間に余裕が無いことに気づく。

かなり忙しかったが、書くこといっぱいありすぎて、何から書いていいのかわからんぐらいです。しかし明確なうちに記録をしるしておかないと、内容が冷めてしまう。

チェンマイ発バンコク行きの夜行列車。前回と全く同じ。

1900円!チェンマイからバンコク2等寝台夜行列車・予約と乗車リポート
前回と同じく、帰りのバンコク行きもタイでは現役の人気の交通手段・寝台列車。東京から青森と同じぐらいの距離で、1800円から350...

チェンマイから南へ100㎞の地方都市・ナコーンランパーンの駅には普段より早く17時40分ごろ到着した。18時4分発なので、列車を降りて食事を買う時間があった(ただしその後出発時刻が変更になる可能性もあるので、置いてかれないよう、必ず出発時刻を確認すること!)

ランパーン駅を出て、左手に行くと市場があり、そこからいくらか行ったところにある屋台は、牛肉の焼肉串がとてもうまい!しかもたったの1本5B。ありえないほどのコスパなので、いっそのこと15本ぐらい買っとけばよかった。

寝る前の気温は29℃ぐらい。朝早いので、20時40分ごろ寝る

朝 メロン牛乳 ヨーグルト ブルーベリーホットサンド13
昼 ポークバーガー40
夕 焼肉串4本20 カオニャオ2個10 マトン風味?思った以上にうまい。

1月29日 一足先にインド気分

翌朝は、7時ぐらいに起こされる
3時間Delay でもしっかり寝れたからよしとする。朝早く着きすぎても時間を持て余すだけだ
タオルケットだけで持ちこたえたものの、明け方とか結構寒かった。起床時22℃
そのあとエアコン車両に行ってみると少し寒く、そこの気温は22.5℃。 戻ると24℃

バンコク駅到着。構内23℃ 寒く感じる。外は日差しは暑いものの、秋のようにすずしい

旧正月が近いとあって、53番バスから眺める中華街では紙を燃やしていた。日本の寺みたいだが、焚くと金運が舞い込むのだろうか。

真冬の時期なので、一番気温が低いおかげで、前回泊まったカオサンの宿はフルで泊まれず。

カオサンの裏道を歩いていると、途中、250Bのゲストハウスがあったが、なんとなくやめにする

結局、カオサンらしい昔気質のとあるオンボロボロ宿が1泊150Bと安かったので、そこに泊る。

真冬なのに、宿の昼間の室温36℃。3月とかだったらもっと暑いだろう。21時半の気温でも32℃。タイの最北端で寒さに震えてたのがウソのようだ。体調がついていけん。

カオサンの東側にあるインド料理店でマサラティー(チャイ)30バーツを味わいながらツイート。一足先にインド気分。といってもスタッフはネパール人。

そういえば日本のうちの近くにあるショッピングモール内のインド料理ブースも、ネパール人だった。

ふんだんなマサラと甘い味は本場のチャイの味。ただ牛乳ではなくコンデンスミルクを使ってるからか、微妙に質感が違うかも。甘さが主張するような感じ。

ところで従来の予定なら、チェンマイの後すぐにコラート(ナコーンラーチャシーマー)に行く予定だったが、もういいや。そして今日になって、もう無理無理。

今回スケジュールが詰め詰めなので、無理して強行してもつらいだけ。インド旅に備えてまったりしよ。

1月30日

昨夜は夜中4時に寝て、今朝10時に起きた。もっと早寝早起きしたいけど、夜中のほうがうるさくないので作業が進みやすい。

チャイにひきつづき、昨夜は同じくインド料理店にて、チキンマサラ(チキンカレー)140、ガーリックナーン40、ロティ15というインド飯。合計195バーツととても高かったが、来るインドの味の予行練習だ。

お味はというとパクチーが入ってるのがタイ風味。確かインドでは入ってなかったような。チキンがいっぱい入ってて日本のカレーに近くてうまかった。

ただカレーの量がどんぶりに入ってるため多く、2~3人分はあったのできつかった。量は半分でいいから、値段を6割ぐらいに安くしてほしい。

1月31日

2時40分ごろ寝たので、9時15分ごろ起床

昨夜洗濯したタンパンが渇いていない。

朝 コピコ10 グァバドリンク400 12 オバルテン225㏄ 14 ドーナツ6

カオサンに会った看板には「泥棒を奪う用心」というのがあった。だけど「泥棒に注意」よりも「泥棒を奪う用心」のほうが、逆にインパクトある気がする。

187 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です